「5G」=「第5世代移動通信システム」について知識0から分析!

最近、「5G」という言葉を新聞やニュースや色んなところで耳にしますよね?

私も現在は、スマホは「4G」である認識はありましたが詳しい事は全くもって何もわかっていませんでした。

そこで、今回はこの「5G」について調べてみましたので記事にしたいと思います。調べてみるとスマホの通信システムが現在の「4G」から「5G」に変わる事で自分達の生活が想像以上に変わる事を知ってワクワクする感じでした。

これを見れば、明日会社や学校で「5G」についてきっと話したくなると思います!

この記事の「5G」の内容を知ってるだけでビジネスにおいては一歩リードしてると言っても過言でない気がします。

良かったらご覧くださいませ!

 

「5G」とは「第5世代移動通信システム」の事

 

まず、世の中で5G、5G と言われてますがこのGが Generation(世代)の意味って知ってましたか?

もちろん、私は知りませんでした^^;

実際わかってる人って実際かなり少なそうですよね。さらに、日本語での正式名称が「第5世代移動通信システム」なのです。何のこっちゃって感じしますよね。。

こっからは、1G ~5Gまでの要約を解説したいと思います!

 

移動通信システム「1G」から「4G」までの内容をざっくり解説

 

「1G」とは

  ↓

  • 1980年に携帯電話が初めて登場した時。
  • アナログ回線。
  • 平野ノラがネタで持ってるような感じ。

 

「2G」とは

  ↓

  • 1993年から始まる。
  • メールが打てるようになる。
  • デジタル回線になる。
  • 電話音質も1Gに比べると飛躍的にアップした。

 

「3G」とは

  ↓

  • 2001年から始まる。
  • iモードやezwebの情報のプラットフォームが出来る
  • PCと同じネット環境でネット検索が出来るようになった

 

「4G」とは

  ↓

  • 2012年から始まる。
  • スマートフォンの時代になる。
  • スマホでの動画・ゲームが普及する。

スマホが2012年に発売した当初は、スマホの使いにくさに皆慣れずガラケーの方が良いとこぞって言ってました。

しかし、現在ではガラケーを使ってる人を見ると異端児扱いというか本当に使ってる人を見なくなりましたね。

 

「5G」になり何が変わり、何が出来るようになるのか?

そして、ここからがいよいよ本題です。

2020年にスマホが「4G」から「5G」に変わった時に何が出来るのようになるのかが一番知りたい事ですよね。

もう驚愕ですよ、本当に!

5G」とは

  ↓

  • 2020年から始まる予定。
  • 高速大容量通信が可能になる。(4Gだと動画が止まってたりしたが、それは無くなる。2時間の映画も3秒でダウンロード可能になる。)
  • 超低遅延・高信頼性になる。(通信速度が向上する事で通信の遅延が圧倒的に少なくなる。)
  • 多数同時接続が可能になる。(災害の時でも電話が繋がりやすくなる。)

 

4G時代で感じたゲームや動画が良い所で止まったりという経験は誰しもあったと思います。皆、まあそこは我慢したり、しょうがないかあと思ってた部分だと思います。

それが5Gになると誰もが心の奥底に抱えてたスマホのデータ通信の遅れのストレスから開放されるんではないでしょうか。

超低遅延は、どの位の遅延レベルかと言うと遅れたとしても人間では感知出来ない位のレベルの遅延レベルのようです。

それってもう普通に使ってる限りは、データ通信してて「遅いな〰」とイライラする事が全く無くなるという事です。

めちゃくちゃ凄いことですよね!

多数同時接続は、5Gでは同時に接続できる端末数も増加。

この事により、一番イメージしやすいのが災害の時の電話のつながりにくさが5Gになると無くなるといった感じです。

 

まとめ

5Gとは「第5世代通信システム」のことで、英語だと5Generation(世代)と言われてる。5Gは、2020年から開始する予定。

開始されれば、高速大容量通信が可能になる。例えば、2時間の映画が3秒でダウンロードなど。通信の遅延も人間が感知出来ないレベルでは基本起こらなくなる。多数同時接続が可能になる。

 

これらの事が出来るようになるなんて「5G」になるのが待ち通しいですね!

「5G」はもうすぐそこまで来てますよ!

動画編集の副業とは?学ぶならムービーハックスがオススメな理由!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です