ウェブカツの評判は??無料キャリアカウンセリングに参加してみた話‼︎

今回は、プログラミングスクール「ウェブカツ」の無料キャリアカウンセリングに参加してきました。

ウェブカツはテックキャンプと並ぶほどに知名度のあるプログラミングスクールなのでカウンセリングがどんな感じか気になりますよね。

実際に体験してきたのでレポートします!!

良かったたら再度までご覧ください!!

 

【ウェブカツ】の公式HPはこちら     

  ↓↓↓



 

〜ウェブカツ〜 ウェブカツとはどんなスクールなのか??

 

ウェブカツは、多くのプログラミングスクールに重きを置いている「転職」にゴールを置いてないのが大きな特徴と言えます。

それは、どういう事かと言うとウェブカツは就職・転職に囚われないで「年収1,000万を目指すフリーランスエンジニア」になることに大きく力を入れているのです。

本物のプログラミングスキルを身につけて、会社に依存しない人生を送れるようにしてくれうようなプログラミングスクールです。

 

〜ウェブカツ〜 ウェブカツの3つの特徴①

 

ウェブカツは、「22の講座」・「474のレッスン」・「22 のアウトプット」となっており濃密なカリキュラムとなってます。

徹底的に手を動かしてアウトプットを行い、自走力を鍛え上げことを大切にしてます。

エンジニアになると、一番大事なことがエラーでつまづいた時に自分自身で調べて解決する能力です。

エラーは日常茶飯事なので、エラーは起こさないことよりもエラーの解決能力が高い人が重宝されます。

ウェブカツなら、自走力もしっかりと鍛え上げてくれるようです!

 

〜ウェブカツ〜 ウェブカツの3つの特徴②

 

ウェブカツは、マンツーマンレッスンやリアルタイムのオンラインレッスン講義は行ってません。

その代わり、未経験でもマンマーマン授業も必要なくスキルを付けられる仕組みになってるのでご安心ください。

卒業生にはプログラミングをまったく知らなかった40代の主婦の方が卒業後にWeb開発会社に就職できた事もあったみたいです。

カリキュラムのレベルは本当に高いんんですね。

 

〜ウェブカツ〜 ウェブカツの3つの特徴③

 

ウェブカツは何とJava言語、Ruby言語、RubyonRailsをメインとして教えてはいません。
これは、かなり驚きですよね。
大手のプログラミングスクールはJava言語、Ruby言語、RubyonRailsのいづれかは学ばされます。
なぜウェブカツでは学ばないかというと、Java言語やRuby言語は「未経験者が挫折しやすい」「副業案件がとても少ない」のが現状のようです。

Ruby言語に至っては「案件数が激減し衰退の一途」となっています。

ウェブカツでは「未経験でも習得難易度が低く、高単価を得やすく、常駐案件と副業案件が豊富」といったプログラミング言語を重要視した上で、Java言語、Ruby言語、RubyonRailsや更にはAWSといったインフラ周りも基礎からしっかりと学ぶことが出来ます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です