ブログ運営の経緯とアドセンス合格までの話

f:id:waka0825:20190808192323j:plain

私は2019年5月12日にはてなブログPROで雑記ブログを始めて現在、やっと30記事を突入しました。

ブログをやり始めて約3ヶ月が経ちました。

しかし、我ながらブログ更新のペースが非常に遅い、、遅すぎる^^;

本当に遅いペースですが、まずはブログを辞めないで続けれていて良かったです。

今回は、ブログ運営を始めた理由とアドセンス合格までの話をしたいと思います。

良かったらご覧くださいませ!

目次

ブログを始めた理由

私はブログをやり始めようとまず思ったのは、本業の会社の景気が良くなく

給料が増えない状況が続いてました。

増えないどころかボーナスは去年の夏にボーナス半分になり、去年の冬の

ボーナスは無し、今回の夏のボーナスも無しという悲惨な状況が続いてるのです。

そこで、本業をやりながら何とか副収入を得たいと思いブログで稼げるという事を

知りブログをやろうと思い立ち始めました。

ブログ運営をやり始める前にランサーズでライターをやった

ブログ運営を始める前に、ランサーズ育児ブログのでライター募集があったので応募して記事を書いてた事もありました。

契約では、1記事が2,000字以上で20記事書く仕事内容でした。20記事書いたら、1,000円頂ける話になってました。

1記事50円という事は1文字単価が0.025円という安さでした。今思うとマジでやばい安さでしたが、ライティングをしたことも

なく初めての経験だったので金額よりも記事を書きながらノウハウを教えてもらおうと思いやってました。

結構親切にYoutubeなど使って添削などしてくれライティングマニュアルも

くれました。

チャットワークで連絡をとるようになり、外注ライターは10人以上いました。

クライアントがまた言葉巧みに記事を書かせるように皆を盛り上げてたのを

よく覚えてます。

しかし、10記事書いたところで、クライアントが持病が悪化したとか言って他の添削者に添削を任せてクライアントは一切出てこなくなりました。

チャットワークで10人位のライターが意見交換や記事作成の連絡をしてましたが、

クライアントが出てこなくなってから、ほとんど誰も更新しなくなり一人位しか記事更新をしなくなりました。

しかし、クライアントが持病と言ってましたが本当の所はわかりません。

本当は持病でも何でも無く、フェードアウトする策略で途中まで何人にも記事を

書かせてブログ運営させる詐欺的なものだったのかもしれません。

きっとクライアントは20記事書かなければ、お金も払わなくて良いので

タダで記事を書かせる策略をしていたのでしょう。

 

ブログ運営開始にあたり「はてなブログPRO」を選ぶ

ランサーズで雇われてライティング業務をやっても、作業量に対して

単価が安すぎるのに懸念を感じ自分がブログを開設した方が良いと思いました。

ブログ開始する際に色々調べて、ワードプレスにするかはてなブログPROにするかで

悩みました。

以前に、ランサーズでライターをやってる時にワードプレスは触ってましたが、

自分で設定出来るのかどうか不安でした。

はてなブログの方が設定が簡単ということ、ブログ開始の最初はワードプレスはPVが

全く無い事、はてなブログは若干あることを知りました。

はてなブログPROの方がとっつきやすいと思い、設定の所でつまづきなくなかったので

継続出来る事を第一と考えて、はてなブログPROの1年契約をしました。

また、はてなブログPROで記事を書いても途中でワードプレスに移行出来るという事を

知ったのではてなブログPROでまず記事を量産して慣れたりブログが軌道に乗ったら

ワードプレスに移行を考えたいと思ってます。

◆ブログ開始して約3週間でアドセンス申請→1発合格

ブログを開始て記事数は12記事書けたところで、アドセンスを申請して

全然結果のメールが来ませんでした。

ブログ記事は写真や画像はなるべく多くしてましたが、1記事の文字数は1,000文字~1,500文字だったので文字数が足りなかったのかななど不安にもなりました。

しかし、アドセンス申請して、約10日経った朝に申請合格の連絡がGoogleさんから

来ました。

合格の連絡が来た時は、1つステップアップ出来たと思いかなり嬉しかったです。

アドセンスが受かって、よしこれで稼げるようになるぞ〰!と思ってしまいましたが

これが大きな勘違いでした^^;

今でも全く稼げてませんが、継続的にブログを書いてまずは辞めない事を

目標に引き続き頑張りたいと思います。

とりとめのない文章になってしまいましてすみません。。

今回は以上になります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です